鼻の毛穴を掃除する方法

わたしは18歳くらいのころから、鼻の毛穴の開きが気になり始め、とうとう黒いぽつぽつが出始めました。その当時は全く化粧にも興味がなく、ほぼ毎日すっぴんで登校していました。顔も毎晩しっかり洗って、鼻以外のお肌はつるつるのゆで卵のようでした。それなのに、なぜか鼻だけ毛穴が目立ち、まるで苺のようなお鼻になってしまいました。
もしかして、間違ったスキンケアをしているんじゃないか、と思い、いろんな洗顔を使ってみたり、化粧水を試してみたり、それでも治りませんでした。むしろ、鼻ばかり集中的に洗いすぎて、黒いぽつぽつが増えたこともあり、本当に恥ずかしかったです。これぞまさに「開き毛穴」といえるような立派ないちご鼻になってしまいました。
そんなとき、父の友達の皮膚科医に相談したところ、「思春期だしよくあることだよ」と片付けられそうになり、「何かこれ治す方法ないんですか?」と伺ってみたところ…「濡れたタオルをレンジでチンして、お鼻にくっつけて、毛穴を緩めてあげる。だけでいいよ。」といわれました。最初は本当にそんなことで治るのか、半信半疑でした。それでも、18歳の秋から、翌年の夏ぐらいまで、できる限り毎日続けるようにしたら、自然となくなっていました。
どうやら、あえて毛穴を緩めることで、中に詰まっている不純物が外に出やすくなるみたいです。あまり毛穴が広がっているからといって、指先でしごいて、中の不純物を絞り出そうとすると、かえって毛穴が傷つくらしく、もどかしかったですが、できるだけ触らないようにしていました。
いつの間にか毛穴の中の不純物もいなくなり、すっきりしたお鼻を取り戻しました。 あとは毛穴専用の美容液も効果がありますよ。

私はソワンという美容液の口コミを読んで買ったのですが、徐々に効果が出てきています。ソワン美容液の口コミ
参考になれば幸いです。

毛穴は改善できます。

私は10代20代の頃は長年脂性肌であぶらとり紙がかかせないタイプの肌質でした。

皮脂が多く、特に小鼻のテカリは相当なもので皮脂が酸化することでどんどん毛穴が黒ずんでしまい、毛穴も開いていきザラつく毛穴が悩みでした。

20代の半ばになると段々皮脂は落ち着いていきましたが、毛穴の汚れは取れず毛穴も開いたままでした。今思えばその当時のスキンケアの仕方に問題があり、洗顔後は化粧水のみだったりテカる鼻には何もつけなかったりだったので、余計に開き毛穴は閉じず乾燥したために皮脂が更に多くなってしまい良くならない悪循環が続いていました。

化粧水といっても洗顔をした後にかなり時間が経ってから塗っていましたし、バシャバシャたた供養に雑なつけ方でした。塗ったところで突っ張っている感じは改善されてはいませんでした。べたつくのが嫌でクリームや乳液は使っていませんでしたが、毛穴の開きや汚れが溜まる原因は乾燥だということを化粧品を購入するときに担当してくださった美容部員の方に教わったので、化粧水と乳液は分けて使うようにしました。

洗顔後は5分以内に肌に浸透させるようにゆっくりと両手でハンドプレスして入れました。化粧水と乳液の間にビタミンCの入っている美容液を小鼻を中心に塗りました。ビタミンCには毛穴を引き締める効果があると教わりました。

この方法でスキンケアを続けたところ、皮脂の量が落ち着いたのと同時に毛穴の開きも落ち着いてきました。コツコツですが毎日のスキンケアで肌質はかなり変わるんだなと実感しました。

肌質が変わると、変えたくなるのが、ファンデーション。やはり少しでも透明感が出るものを使いたいですよね。

これまでずっとガッツリメイクでたるみ毛穴を隠してきたので。

最近はかなりいい感じでメイクが出来るようになってきましたよ。

ファンデーション選びも楽しく、いろんなファンデを楽しんでいます。

たるみ毛穴をカバーしたい!毛穴落ちしないファンデーション3選!